ニキビ跡クレーターにワセリンを考察

ニキ助です!いつも感謝しています。

今日はネットに出回っている
ニキビ跡クレーター肌に対して
ワセリンが効くのか?です。

このような噂が出回っているようですが、
実際どうなんでしょうか?

早速、考察していきたいと思います。

ワセリンには、ニキビ跡治療の
成分が入っているのか?

「ワセリン(Vaseline)」は、
ユニリーバ社の商標ですが、
今では世界的に一般名詞として
幅広く浸透しています。

大型のものでも1000円以内で
簡単に入手することができます。

ニキビ跡に効くという噂があるワセリンですが、
その成分は、石油から得た炭化水素類の混合物を
脱色して精製したものです。

主に潤滑剤や皮膚の保湿保護剤として
一般的には用いられています。

ワセリンにはそもそも薬理作用はなく、
ニキビ跡治療に有効な成分もありません。

それでは、なぜ?ニキビ跡に効くみたい
という噂があるのでしょうか?

これが考えられる原因としては、
ワセリンで乾燥を防いだ事によって、
ニキビ跡のトラブルが解決した等のケース

ワセリンは皮膚の保湿保護剤的な役割を
それなりに果たしてくれるので、
こういったケースが存在することは考えられます。

ただし、クレーター状のニキビ跡に
効果があることは考えにくいでしょう。

例えば、レーザー等の治療に併用する形で
使用する場合には、患部を保護し潤いを守り、
柔軟性を保つ役目を果たしてくれる事はあります

しかし、単独の使用で凹んだクレーター状の
ニキビ跡が元の状態に戻る事はありえません。

それでは、ワセリンを使い続けると
ニキビ跡を悪化させる可能性があるのか?

当然の事ながらワセリンの原料は油なので、
ニキビ跡を悪化させる可能性もあります。

特に、ニキビ跡となってまだ浅いニキビ等は、
実際にはまだ症状が進行している事もあります。

そのような場合、ワセリンの油分が皮脂を増殖させ、
ニキビを悪化させてしまう事もあるのです。

ワセリンの塗り過ぎて毛穴が詰まると事も
ニキビの悪化や発生に繋がります。

仮に使用する際には量に留意しましょう。

ワセリンはよく伸びるため、痒い場合や
乾燥がひどい時に少し使う場合などでしたら
清潔な手の上で伸ばしてから塗る様にです!

またワセリンは、全く副作用がない事が
広く各国で愛用されている要因でもありますが、
ニキビ跡に使用する際には十分注意が必要です。

またワセリンを使う際には、清潔なヘラで使う分量だけ
すくって使うと雑菌の繁殖を防ぎ衛生状態を保てます。

ワセリンにも種類があるらしい?

ワセリンには、白色ワセリンと黄色ワセリンがあり、
白いほうがより純度が高くなっています。

黄色ワセリンは、日本の場合だと
あまり販売されていません。

白色ワセリンには、メジャーなもので
次の4つの種類があります

・白色ワセリン
ベンゼン等の不純物が少量残っています。
多くの人は問題なく使うことができますが、
稀に肌に合わずトラブルが発生することもあります。

・プロペト
白色ワセリンよりも高純度
高品質のワセリンで眼軟膏の
基剤としても使われています。

サンホワイト
非常に純度が高い高品質なワセリンで
少量でもよく伸び、べたつきもありません。
乳幼児にも使うことができます。

ヴァセリン
アメリカから輸入されている白色ワセリン。
酸化防止剤を少量配合しているため
長期保存に向いています。

色は若干黄みがあり、
べたつく感じがあります。

ニキビ跡や、顔に直接塗布する場合は、
ヴァセリンや白色ワセリンでも、
殆どの場合問題ありませんが、

より慎重さを求めるのであれば、
プロペトかサンホワイトでしょうね!

ニキ助のまとめ
簡単に安価で手に入り、副作用のないワセリンは、
憂愁でとても便利なアイテムですが、残念ながら
ニキビ跡のクレーターを治すことはできません。

また鉱物油が肌に合わない場合には、
肌が荒れたり、痒みが生じたりする場合もあります。
それではニキ助でしたー!