ニキビ跡はSK-2(エスケーツー)で治せる?

二キ助です!いつもご訪問ありがとうです^^
今日は「ニキビ跡にSK-2ってどうなの?」
という疑問を、僕なりに考察していきます。

結論から言ってしまうとですね、
SK-2を使っても残念ながら
ニキビ跡は治せません…

個人的には、手ごわいニキビ跡なら
ニキビ跡ケアとしても有名な
「ビーグレン」美容液の方が
結果的には◎だと思います。

とはいえSK-2のことも
知りたいですよね。
ということで僕の体験も踏まえて
この2つを比較していきます!

SK-2の成分

まずSK-2の成分の紹介です。
高級化粧品の代名詞
ともいえるSK-2。

SK-2が高級化粧品として浸透した
のには、SK-2ピテラという
保湿成分に秘密があります。

【高級成分SK-2ピテラとは?】

ビタミン、アミノ酸、ミネラル、
有機酸を豊富に含む万能液体のことで、

ガラクトミセスという酵母が
発酵するときに生成されます。

ガラクトミセスはお酒を造る時に
使われる酵母のことで、
保湿効果、整肌作用、皮脂分泌抑制作用
pH調整作用などがあります。

酒の醸造所にいた、ご年配の
職人さんの手が滑らかで美しかった
ことから、どの成分の作用なのか
という研究が始められ、その結果
SK-2ピテラがうまれたそうです。

(参考:https://www.sk-ii.jp/ja/the-miracle-of-pitera.aspx)

⇒高濃度ビタミンC美容液の詳細

通常の化粧水は、ほとんどが水で
できているのに対し、SK-2は
このSK-2ピテラの比率が最も
大きくなっているのです。

これが、高級感の秘密なんですね。

―しかし敏感肌には刺激が強い場合も

価格が高いだけに、肌に優しく
安心して使える化粧品なのでは?

というイメージがありますが、

SK-2は、意外と合う、合わないが
結構分かれてしまう化粧品です。

というのも、SK-2には
抗炎症作用がないからです。

跡になりやすいニキビは、
炎症中の赤ニキビです。

なので抗炎症作用がないと、逆に
炎症中のニキビを悪化させてしまう
可能性があるんです。

使用していて、肌に合わないと感じたら、
高額な製品だけに勿体無く感じると思いますが
安全の為に使用は控えるようにしましょう。

皮膚の薄いエイジングラインは
特に人を選ぶと思います。

ちなみに僕、二キ助は合わない肌でした(汗)

※ただ、毛穴の汚れを
落としてくれる作用はあるので
黒/白ニキビには有効かもです。

ビーグレンの成分

ビーグレンシリーズは、
肌の生まれ変わりに重要な
ビタミンC
を配合した美容液です。

【ビタミンCの美肌作用】

ビタミンCは美肌成分として
有名です。皮膚の生まれ変わり、
つまりターンオーバーを
促進してくれる成分です。

ニキビ跡はターンオーバーなどを
促して、地道に修復していくしか
ありません。
ここを忘れないでくださいね!

ビタミンCはなかなかお肌に
浸透しにくい成分なのですが、

ビーグレンは小さいカプセルに
ビタミンCを入れることで、

お肌の奥※まで届けることに
成功した化粧品なんです。

※肌の角質層までの浸透です

―炎症を抑える

ビタミンCには、
生まれ変わりを促す効果のほかに
炎症を抑える効果もあります。

つまり、炎症中のニキビも、
できてしまったニキビ跡も
同時にケアできる!
というわけなんですね。

またコラーゲンを増やし、
肌のハリうるおいを保つ働きもあり

総合的に考えると、
ニキビ跡のケアとしては、

ビーグレンの方が
やっぱり優れていますよ!

-オススメの使い方

ビーグレンにはオススメの
使い方があります!

他の記事でも詳しく書いてますが
洗顔後だけではなく寝る前に重ね塗りして
使ってもらうと更に効果的なんです!

口コミでもこう書いている人は
多いみたいですね。

たっぷり塗ることで、
お肌がだんだんとつるつるに
なってくるのを感じます!

僕もこのやり方を続けてきた
おかげで今がありますので、
みなさんにも知っていてほしくて
ここに書きました!

ぜひやってみてくださいね。

【ビーグレンを試してみる】

二キ助の考察まとめ

そんな訳でして、SK-2とビタミンC美容液の比較
いかがでしたか?それぞれ高い美容成分が入っており、

どちらがより優れているとは言い切れませんが、
ニキビ跡ケアにおいては、ビーグレンが
圧倒的に効果を発揮してくれるはずです!

口コミを見ると、即効性はないという意見も
多かったのですが、そもそも即効性のある
ニキビ跡ケアはありません…

手術での治療ですら何か月かかけて
やっていく必要がありますからね。

大切なのは1日1日丁寧に
ケアをすることですよ!

それでは読んでいただいて、
ありがとうございました!

ニキビ跡ケアトライアルセット

ビーグレンの化粧水を
紹介しましたが、
ニキビ跡専用の試供品セット
販売されています。

今回紹介した
ビーグレンCセラムを含む
4点の化粧品がセットになって
お値段なんと1800円。

ニキビ跡

リピート率は
98%以上と※高評判です。

※公式サイトより

365日の返金保証もついているので、
初めて試すにはぴったりです。

ぜひこちらも試してみてください。

【ビーグレントライアルセットを試してみる】

SK-Ⅱピテラって?
SK-Ⅱが高額な理由として全製品に
ピテラ」と呼ばれる、独自の天然由来の
保湿成分が配合されていることが挙げられます。

お酒を造るときに使われる天然酵母は、
ガラクトミセス培養液と呼ばれていますが、

SK-IIはピテラと呼ばれる、ガラクトミセス培養液に
非常に良く似た天然酵母を使用しているとのこと。

ピテラは、酵母ガラクトミセスが
発酵する時に生成される液体で、

ビタミン、アミノ酸などを含み、
保湿効果、整肌作用、皮脂分泌抑制作用
pH調整作用などがあります。

例えばSK-Ⅱで人気が高い
「フェイシャルトリートメントエッセンス」の成分は

ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)/ BG /
ペンチレングリコール / 水 / 安息香酸Na /
メチルパラベン / ソルビン酸
となっています。

ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)は
ピテラのことを指しています。

記載順は、含有量の多い順となっていますので、
ピテラが多量に配合されている事がわかります。

多くの化粧品が、その成分の殆どが
水であるのに対し、SK-Ⅱでは

このピテラを贅沢に使用しているので
価格が高額になっているようです。

ただし、敏感肌には刺激が強い場合も・・

価格が高いだけに、肌に優しく
安心して使える化粧品なのでは?
というイメージがありますが、

SK-Ⅱは、意外と合う、合わないが
結構分かれる化粧品と言えます。

特にエイジングラインなどでは、
刺激の強い成分が入っている事が多く
肌がヒリヒリして赤くなってしまう
という人もいるんですね!

使用していて、肌に合わないと感じたら、
高額な製品だけに勿体無く感じると思いますが
安全の為に使用は控えるようにしましょう。

ちなみに僕、二キ助は合わない肌でした(汗)

SK-Ⅱはニキビ跡に効く?

SK-Ⅱがニキビ跡に働きかけてくれる
有効成分として考えられるものは、
3種のAHA成分とピテラです。

3種のAHA成分とは、α-ヒドロキシ酸
クエン、乳酸の3つを指しています。

これらは角質を溶かし、毛穴に詰まった
皮脂を落としてケアしてくれる働きがあります。

そのため、黒ニキビや白ニキビなど
初期ニキビには効果的と言えます。

一方、SK-Ⅱには抗炎症作用がありませんので
炎症中のニキビには全く効果がありません。

逆に、炎症中のニキビを悪化させてしまう
可能性があるので注意が必要です。

また跡になってしまったニキビには、
ビーグレンの様なビタミンC美容液の方が
遥かに効果が高いと言えるでしょう。

ピテラには、保湿効果、整肌作用、
皮脂分泌抑制作用、pH調整作用がありますが

これらの成分だけで、あなたのニキビ跡を
劇的に改善していくことは難しいと言えます。

ビタミンC誘導体が配合された美容液では、
メラニン色素の生成を抑制したり、

すでに沈着してしまった色素を薄くしたり、
痛んだ角質に浸透してくれる力があります。

僕は地道にやり続けてニキビを薄くして
ほとんど消す事が出来ましたので
強く実感している所です!

またコラーゲンを増やし、
肌のハリを保つ働きもあり
総合的に考えると、

ニキビ跡クレーターのケアとしては、
高濃度ビタミンC美容液の方が
やっぱり優れていますよ!