ニキビ跡の赤みが消えない時の対策を考察

ニキ助です!いつもありがとうございます^^
今日はニキビ跡の赤みについて考察です。

結論から言うと赤みを薄くしていき、
先々は消したいと思われるのならば
ピュアビタミンをオススメします。

ビーグレン(b.glen)のピュアビタミンCとは
ビーグレンとは、アメリカ西海岸に本社をかまえるビバリー
グレンラボラトリーズ社が発売する化粧品の名称で、日本で
発売されている製品は、日本人の肌質に合わせて作られています。
ピュアビタミンCは、ビタミンC誘導体を超えるビタミン成分とし
て近年注目が集まっており、ビタミンC誘導体がビタミンCの分子
構造の一部であるのに対し、ピュアビタミンCはビタミンCそのも
のであると言えます。

ピュアビタミンCの効果
・強力な抗酸化力で活性酸素を除去。
・メラニンの働きを抑え、シミ、くすみを予防・改善する。
ニキビ痕の改善。
・コラーゲンの生成を助け、シワやたるみを予防・改善する。
・新陳代謝(ターンオーバー)を高め、シミやくすみを予防・
改善し、肌のキメを整える。
・殺菌効果でアクネ菌の繁殖を防ぎ、皮膚の炎症を鎮める。

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いって? 
ビタミンCの化粧品と言えば、ビタミンC誘導体が配合されて
いるものが、これまでの主流でした。ビタミンC誘導体が良い
とされていたのは、ビタミンCが不安定で壊れやすく、そのま
ま肌に塗布しても、肌深部まで浸透させることができなかっ
たから。そのためビタミンCを肌の深部へ浸透させられるよう、
化学処理を施し、ビタミンCの構造をビタミンC誘導体へと変
えたものを配合するようになりました。ビタミンC誘導体には、
水溶性と油溶性があり、それぞれメリットとデメリットが存
在します。

・水溶性ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンC誘導体は、体内で酵素反応を起こすことに
よって、ビタミンCに変化します。その名と通り、水分に対
して反応しビタミンCが溶け出す性質があります。水溶性ビ
タミンC誘導体のメリットは、表皮に対する即効性があること。
デメリットは持続力に乏しく、真皮まで浸透しない点です。
また紫外線に弱いという弱点も。

・油溶性ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンC誘導体に、親油性を持たせたもの。皮脂や
脂質となじむため、皮脂腺からもビタミンCを吸収することが
可能。水溶性ビタミンC誘導体と比べ、約4倍の経皮吸収力が
あります。デメリットは、水溶性ビタミンC誘導体と比較し、
吸収に時間がかかり、即効性のない点です。

最新のビタミンC化粧品
水溶性・油溶性ビタミンC誘導体には、それぞれにメリット
とデメリットがあり、ビタミンC単体で使うことも、その成分
の不安定さから、効果的ではないとされていました。
そもそも、ビタミンCをそのまま肌の深部に浸透させることが
できたら、それが最も効果的ですよね・・それを実現させた
のが、ビーグレンのCセラムなんです。

ビーグレンのCセラム
ビーグレンのCセラムに配合されているピュアビタミンCは、
文字通り純粋なビタミンC(L-アスコルビン酸)で、浸透力が
高いのが特徴。純粋なビタミンCですから、熱や光に弱く、
酸化しやすい、といった性質はそのままですが、なんと
いっても素晴らしいのは、ビタミンCを、世界特許のテクノロジー
「QuSomeR」により、角質の奥まで浸透させることができ、かつ
即効性がある点です。さらにCセラムのさらに優れている点は、
配合されているビタミンCの濃度が、7.5%という高濃度である
点です。これだけの高い効果が期待できながら、価格が5,000円
未満という点も驚き。ニキビの改善はもちろん、ニキビ跡、シワ、
シミ、たるみ、毛穴、くすみにも絶大な効果を発揮してくれます。
ビタミンCは殺菌効果も高く、炎症を抑えてくれる効果もあるので、
ニキビ跡の赤みでお悩みの方は、ぜひ導入されることをおすすめ
します。

身体の内側からのアプローチで、効果アップ!
ビーグレンでは、サプリも販売されています。飲むスキンケア
とも称される「インナービューティー」は、美容に特化したサプリ。
19種類のアミノ酸が配合されています。一般的に市販されている
アミノ酸の吸収率が15%なのに対し、「インナービューティー」
は5倍の85%。肌だけでなく、髪や爪などにも効果を発揮してく
れます。
栄養素は、単体で摂取するよりも、効果的な組み合わせで摂取する
ことで、より力を発揮してくれます。しかし普段、なかなか組み合
わせまで考えながら食事をとることは難しいと言えます。サプリで
理想的なバランスの栄養素を手軽にとれるのは、うれしいですね。
身体の外側と内側、両方から有効成分を補給することにより、高い
相乗効果が期待できます。

まとめ
ニキビのあらゆるトラブルに効果的なピュアビタミンを、高濃度に
配合したビーグレンのCセラムは、ニキビの救世主的存在と言える
でしょう。長年ニキビに悩まされてきた方には、ぜひおすすめした
い製品です。内側からサポートしてくれるサプリ「インナービュー
ティー」とのダブルケアで、ニキビレスの肌を目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする