ニキビ跡からのしこりは皮膚科で必ず治せるの?

ニキ助です。今日も読んでくださり
本当にありがとうございます!

本日はニキ助が経験した皮膚科での出来事です。

ニキ助はしこりでも相当悩んできたのですが
皮膚科には非常に苦い思い出があります

あっ、はじめにお伝えしておきますが
皮膚科が悪いとかではありません。

それではあまりにも日夜努力されている
皮膚科の先生たちに申し訳ないので・・

ニキ助が今日お伝えしたいのは、
僕が通ってきた皮膚科での体験談なだけですから
どうぞ勘違いをしない様にだけはお願い致します。

ニキビ跡やしこりが軽症はいいと思いますが
重症の状態だと皮膚科でもなかなか厳しいのでは?
と自力で治した人間としては個人的に思います

ニキ助はですね、頬はニキビ跡が散乱して赤みが強く
おまけに色白なので尚更目立っていてですね、

それだけではなく首の周りに出来た黄色ニキビが
どんどん腫れ上がり、ガチガチに硬くなって
結果、ケロイドみたいになったんです。

こういう状態では何をやったとしても、
とにかく柔らかくならないし

無理に力を入れて押して潰そうとしても
あとで痛みがますばかりで、

あ~これはもう皮膚科しかないな・・が
皮膚科に通いはじめたキッカケでした。

最初は内服薬で様子を見ましょうということで、
ミノマイシンを服用していきました

しこりだけではなく、通常のニキビにも
ちゃんと効果があるとのことでしたからね!

ただ、他の記事にも書きましたが
薬を飲んでるから大丈夫という過信だけで

食生活は改めない、たばこは普通に吸う、
睡眠は仕事上不規則な状態で過ごしていました

誰でもご想像できると思いますが、
こんな状態で治る訳がありませんよね(笑)

それでもですよ、薬飲んでいるんだからという
甘い考えが常にニキ助にはありました。

こういう甘い考えから痛い想いを沢山してきたので、
この経験があとから繋がっていくのですが・・

話を戻して、この内服薬を2年半続けてきましたが
成果としてはあまりにも無残な結果・・

ニキ助の肌が良くなる事はありませんでした。

ひょっとしたら皮膚科の処方方法が
そもそも悪いんじゃないか?と思い

セカンド・サードピ二オンとして
別の皮膚科に行きましたが処方は同じでしたね

処方された塗り薬が若干違うだけで、
内服薬はミノマイシンがベターみたいでした。

*あくまで当時がです。今がどうなのかは?
もう通院していないので分かりませんので
申し訳ないですがご了承ください。

ミノマイシンを朝・昼・晩と飲み続けた中で
僕の体は抗体を持ち、薬の副作用の方が強く出て

胃腸が弱くなり、おしっこの出が悪くなったりを
繰り返してましたので皮膚科に5年通いましたが
この時点でやめることになります。

この過程の中で、ニキ助は我慢が出来ずに
しこりを切るという手術を選択します

あまりにぼっこりとした状態で
鏡で見るのが苦痛でしたから・・

で、実際にしこりを切ったのはいいのですが
自分が想像をしてたものとは全く違いました

2週間後、鏡をおそるおそる見てみたら
しこりを切った部分がそのまま赤みだけ残り
平らになっただけという結果で愕然としました。

イメージ的にはもっと目立たないような
スッキリとした感じだと思っていたので・・
これには愕然としましたね~

先生はドヤ顔でしたけど(笑)

そしてここからが苦しくて、
平らになったかと思ったら

ここからまたニキビが出来て
以前の様な状態まではいきませんでしたが、
またぷくっと膨れてしまうことになります。

なんのために切ったのか、こんな状態だと
人に見られるのが嫌だなばかり考えていました。

ちなみに、余談ですが今は時間はかかりましたけど
ちゃんと綺麗になっています

*自力でやったので褒めてください(笑)

ぷくっと膨れた状態で諦めたらあかん!と
奮起した僕が調べたのがケロコートという
海外生産の塗り薬でした!

うぉ~もう俺にはこれしかないぐらいの
喜びがあったことを今でも鮮明に覚えています。

ケロコートを手に入れて、毎日しっかりと
手術後のしこり跡に塗ってきましたが
これが全く効果がありませんでした(笑)

国内の口コミがほとんどないので
どうなのかな~と半信半疑でしたけど
1年続けてきて買うのをやめました。

諦めの悪いニキ助が次にがんばったのが、
今度はダーマコートというジェルタイプ

これなら効果が出るでしょ?と思って頑張りましたが
これも効果が全くなくて路頭にくれる事になります

しかし、そんな時に1つのスキンケアとの
運命的な出逢いがありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする