ニキビ跡で美容液を検討 高濃度ビタミンCが吉

ニキ助です!今日も来てくださり
本当にありがとうございます^^

さて、今日はニキビ跡で悩んでいる時に
多くの方が求める美容液についてです。

このタイトルにも明記していますが、
美容液って色んな種類がありますが

ニキビ跡って肌の奥まで痛んでいる訳ですから
浸透しなきゃ全く意味がありません

つまり、高濃度にしないといけない理由が
ここにあるということですね!

元々がビタミンCってですね、水溶性ですから
肌に浸透しにくいからこそだと思ってください
酸化するので直で化粧品に入れる事が出来ません

先日僕のニキビ人生に光をくれた
ビーグレンのお話をしたと思いますが

このビーグレンが特許技術で作っている
高濃度ビタミンCの美容液が重度の状態なら
なおさら必要かなと思います。

単品で購入する上でも少し値段は高いですが
そのぐらい効果が期待できます。

皮膚科で手術したケロイド後の僕のニキビ跡も
少しずつ緩和していったので安心して
今後の検討材料にされて良いと思います。

↑上記を見てもらえれば分かると思いますが
大事なのはニキビ跡だけのアプローチではなく、

元々の肌質を知ること、この肌質に対して
石けんや化粧水をうまく活用しながら
最後に美容液です。

そして、食生活を変えて、外側からだけでは
補えない部分をサプリを使ったり

水素も活用してニキビケアを行っていくと
少しずつ症状は良くなっていくはずです!

ビタミンCが良いというのは抗酸化作用や
コラーゲン生成が痛んだ肌には必要だから

抗酸化作用だけならばですよ?
水素の方がビタミンCよりも
圧倒的に多いですからね!

やっぱり総合的なケアが大事なんですよ!

絶対治る!という保証は出来ませんが、
絶対にあきらめない気持ちは必要です。

僕の場合は顔の頬だけではなく、首やあご
更にデコルテ・背中にも少々・・etc
ニキビ跡がぶわーっとある状態でした

ニキビの大小はありますけどね

大きい化膿ニキビからのニキビ跡でしたので
体質的にもクレーターになりやすく、案の定
クレーターも大きくて毎日鏡を見るのも嫌で
本当に仕方がありませんでした(悲)

ニキビ跡で美容液を探されていると思いますが、
これさえあればもう大丈夫という考えはダメです

ニキビ跡は総合的なアプローチが必要不可欠!

一生治らない訳ではないので1年間ぐらいは
ニキ助の経験を参考にしながらですね
地道なニキビケアを続けて頂きたいです。

僕の青春時代と言うのは、本当にニキビ跡が憎く
ずっとコンプレックスだったので色んな分野に
積極的になれずに過ごしてきました。

僕の様に同志はならないでくださいね!

だからこそ、早いうちに自分なりのニキビケアを
しっかりと確立していく必要がありますよ!

1日も早く同志の笑顔が増えることを
ニキ助は願っています。感謝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする