ニキビ跡は自然治癒で治るものなのかを考察

ニキ助です!いつもありがとうございます。
今日は自然治癒について考察します。

あと、ネットを見ると自然治癒って
あまりあれこれやらずに水洗顔だけとか
免疫力に任せてほったらかしていいなど

かなり適当な事を書かれていますが
それでニキビ跡が治るはずがありません

要は自然治癒の意味を
履き違えてはダメなのです。

自然治癒=免疫力が活発
この状態を指します。

特に病気がない状態だとしても
ニキビ跡が薄くなっていかない
赤みが消えない、赤ニキビが出来る

これらが頻発に続いているのなら
免疫は活発ではありません。

必ず体のどこかが弱っています
だから肌を回復させる力がないのです

他のページに詳しく書いていますが・・
炭水化物に偏り過ぎて消化酵素を
頻繁に使い過ぎている。果糖の取り過ぎ

夜の食事が遅い、3食必ず食べている
お菓子を良く食べてしまう。

血の流れが悪い。低体温・貧血気味
便秘・胃もたれ・お酒の飲み過ぎ

睡眠不足、便秘気味(色が黒っぽい)
タバコ、運動不足などなど

この様な部分が必ず絡んでいるはずです。
これらが改善出来ていないので自然治癒力が
弱くなりますからニキビ跡に力を使えません

逆にこれらを改善していけば
免疫力が高まりますので自然治癒力も
しっかり体の中で働きやすくなるのです。

特に僕たち人間は食事が体を作っていきます
なので、1番最初に見直すなら絶対に食事です。

ここを疎かにしているとニキビが出来やすい体質
つまり、もうニキビになっている状態であれば
悪化していくのは当たり前になるのです。

石けん、化粧水、スキンケアなどは必須ですが
これだけではニキビ跡を回復させていく事は
残念ながらこんなに時代が発達しても難しいのです

もちろん、一時的には有効な時があります。
しかしですね、根本的な解決にはなりません

ニキ助も自然治癒が1番良いとは思いますが
その為にやるべき事はやらないと難しいです

1つずつ考えられる原因を棚卸しながら
直ぐに出来る事からはじめていきましょう!
食事の部分から見直しはコチラからです

ニキ助でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする