いちご鼻のニキビ跡 何が効果あるのかを考察

ニキ助です!いつもありがとうございます。
いちご鼻がニキビ跡になっているのだけど、
治す為に効果があるものは何?と

僕が聞かれたら、迷わずオススメするのが
高濃度ビタミンC美容液です。

その前に・・いちご鼻って?

一度なると、なかなか治らないのがいちご鼻。
真剣に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

いちご鼻とは、鼻の先あたりの毛穴が黒ずみ、
イチゴの種のようにボツボツと
目立ってしまっている状態。

鼻は顔の中心にあり、特によく目につく場所であるので、
至近距離で見たら、黒い点々が密集している・・
なんて状態は、全力で回避したいものです。

いちご鼻の原因は?
いわゆるいちご鼻は、古い角質や皮脂等の老廃物が毛穴につまり、角栓が酸化して皮膚表面に黒い点状となって表れている状態です。角栓は、皮脂とタンパク質によって形成されており、酸化すると硬化し、黒ずんできます。またその影響で毛穴が広がり、さらに黒ずみが目立つようになります。一度酸化して硬化してしまうと、毛穴パックなどで除去しても、広がった毛穴がなかなか元に戻らず、繰り返し黒ずみが発生するようになります。このような状態に、ニキビやニキビ跡が加わると、黒い点々にプラスして肌の凹凸が生じ、目も当てられない状態となってしまいます。

いちご鼻の対策方法
いちご鼻を根本的に解決するには、毛穴を正常な状態に戻してあげる必要があります。正しい洗顔と保湿を徹底することは、もちろん必要不可欠ですが、それにプラスすることで、効率よく治すケア方法があります。それがビタミンCケアの導入です。
ビタミンCは、炎症やメラニンの生成を抑え、黒ずみを防いでくれる効果があります。また毛穴を引き締め、肌の水分を保ち、肌のキメを整えてくれる作用や、コラーゲンの生成を助け、修復してくれる作用も。苺鼻の黒ずみだけでなく、にきびや、にきび跡にも効果を発揮してくれるでしょう。

ビタミンCの摂取方法
食事や飲物から、ビタミンCをしっかり定期的にとることも重要ですが、内側からだけでなく、外側からビタミンCを使ったケアも有効です。とくに高濃度ビタミンCは、これまでなかなか治らなかったニキビやいちご鼻にも、効果が期待できるでしょう。また病院の医師が推奨するビタミンCのサプリもあります。他の記事でもご紹介したダグラスのサプリです(高いけど良いです)

ビタミンC誘導体とピュアビタミンC違いって?
いちご鼻やニキビ、ニキビ跡に、ビタミンCが効果的であることはわかったけど、数えきれないほどあるビタミンC化粧品の中から、どの化粧品を選べばいいのか?と困ってしまいますよね。
ビタミンCは、壊れやすく、デリケートな成分なので、化粧品を選ぶ際には、しっかり効果をはっきりしてくれるものを選びましょう。
ビタミンCを配合した化粧品を多くありますが、大きく分けて2つの種類に分かれます。純粋なビタミンCである、ピュアビタミンCを配合したものと、ビタミンC誘導体を配合したものです。ビタミンC誘導体は、他の成分と結合させることで、ビタミンCの不安定な性質を安定させ、皮膚への浸透率を高めています。しかしここに大きな問題が隠されています。ビタミンCの効果を発揮してくれるのは、ビタミンCそのものである、という点です。したがってビタミンC誘導体は、せっかく浸透率が高くても、分子構造の変化したビタミンC誘導体においては、ビタミンC自体の吸収率は低くなってしまうことが最大の弱点と言えます。つまり、最も効果を得ることができるビタミンC化粧品は、浸透率が高く、かつ安定した高濃度のピュアビタミンとなります。またビタミンC化粧品の中には、刺激の強い製品もあるので、とくに敏感肌の人は、刺激の弱いものを選ぶようにしましょう。

まとめ
いちご鼻に絶大な効果を発揮してくれることが期待できるビタミンCですが、たくさんの化粧品が出回っている中で、きちんと効果を得ることができる商品を選ぶのは、なかなか難しいことかもしれません。導入する際には、成分やレビューをしっかりとチェックし、間違いのないアイテムを選びたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする