ニキビ跡にはハイドロキノン?を考察

二キ助です!いつもありがとうございます。
メルマガの読者さんが増えて嬉しい限りです。

今日はハイドロキノンについての考察

ネットなどを見ていると、ニキビ跡クレーターには
ハイドロキノンなの?ビタミンC美容液ではダメなの?

そういう所で悩んでいる人が多いのと思うので
僕の経験からお話をしていきますね~

そもそも、ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、日本ではまだ歴史が浅く、
なじみの低い成分ですが、海外ではシミの治療薬として、
古くから使われてきました。

医療でも用いられており、非常に高い効果を発揮しますが、
その分刺激や副作用も強いことで知られています。

元々は、イチゴ類や麦芽、紅茶、コーヒー、細菌類、
海洋生物種の副産物などに含まれている天然成分です。

ハイドロキノンの効果って?
肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンは強い漂白作用を持っています。

ハイドロキノンはメラニン合成酵素「チロジナーゼ」の阻害剤で、
さらにメラニン色素を作る「メラノサイト」に対する細胞毒性があります。

多くのシミは、表皮の最も深い基底層に
メラニン色素が沈着している状態です。

ハイドロキノンは、この基底層に存在するメラサイトの働きを抑制します。
またメラニン自体を減少させる働きがあります。

このようなことから、ハイドロキノンは、シミに対して高い効果を発揮します。
特徴的なのは、シミ予防ではなく、すでに出来たシミに対して
改善が期待できるという点です。

そんな中でハイドロキノンは、クレーター状になった
ニキビ跡に効果あるのでしょうか?

基本はですね、ハイドロキノンで改善が期待できるものは
「色素沈着」や「シミ」などの部類になります。

よって、クレーター状のニキビ跡の改善に対して
少しズレがあると言うか難しいと考えられます。

ただしクレーター状になってしまったニキビ跡が
色素沈着しているような場合には、

色素を薄める効果として期待してOKです!

そんな訳でハイドロキノンとビタミンC美容液の違い

ビタミンC美容液には、コラーゲンの生成を促進して
肌に弾力やハリを持たせる効果があります。

これに対してハイドロキノンは、シミの改善に特化した
成分と思ってもらえると宜しいかなと思います。

どちらも美白効果が高く、色素沈着型のニキビ跡には効果的です。
しかしクレーター状のニキビ跡の改善に対しては、
ハイドロキノンは効果的な成分を保持していません。

ビタミンC美容液は、肌の再生を助けますし、
弾力やハリの生成を促す効果があるので、
クレーター状のニキビ跡にも効果があります!

*ニキ助により注意点

ハイドロキノンは非常に刺激の強い成分であり、
使い方を誤ると大きな肌トラブルを引き起こす
可能性がありますから気を付けてください!

体質によって、かぶれることがあるので
パッチテストを必ず行いましょう。

まず絆創膏にハイドロキノンクリームを塗り、
二の腕などの皮膚の薄い部分で24時間程度放置

ヒリヒリした痛みが強かったり、
赤みが生じた場合には使用を中止

紫外線を浴びると、シミを濃くします。
太陽下に出る場合には、SPF20以上ある
日焼け止めを使用するようにします。

ハイドロキノンクリームを使用する際には
肌や顔を清潔な状態にしましょう。

ハイドロキノンは酸化しやすい成分なので
劣化しやすいと言えます。

使用期限を必ず守って使用するようにします
だいたい使用期限は開封後1ヶ月程度が目安です。

同じ部分に長時間使用し続けると、
肌を痛める可能性があるので長時間はNG

色素沈着部分以外にハイドロキノンクリームが
付着すると白班ができる場合があります。

漂白したい部分にピンポイントで塗る
綿棒などを使って塗るようにしましょう。

ニキ助の考察まとめ

ハイドロキノンのご紹介、いかがでしたか?
残念ながらニキビ跡のクレーターには
効果的とは言えませんが、

色素沈着には有効ですので、
肌ダメージの対処策のひとつとして
覚えておくと良いでしょう。

僕は高濃度だけで十分だと思いますよー!