FGFはニキビ跡に効果があるのかを考察

ニキ助です!今日はFGFについて考察
メルマガからのご質問にお答えしていきます。
まずは、基本的な所から勉強してきましょう!

FGF。その正体とは?
巷で話題のFGF。美容雑誌や美容サイトで取り上げられたり、美
容外科での施術開始が盛んです。
正式名称はFibroblast growth factors、日本語では線維芽細胞
増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし)と言います。
簡単に言うと、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因
子で人体で作られるたんぱく質の一種。
繊維芽細胞は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といっ
た成分を産生する細胞。ここに成長因子であるFGFを注入すると、
繊維芽細胞の増殖を促し、肌の再生力を活性化してくれます。
例えばコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、肌のハリが失
われます。そこにFGFを注入することで、ハリが蘇る、という
こと。元々は、創傷治癒の力に着目した再生療法で、このよう
な効果を持つ治療法は、これまでなく、期待が高まっています。

効果は持続する?
FGF注入による効果は、どれほど持続するのでしょうか?残念な
がら永久的な持続は見込めないようです。と言っても、半年~2年
ほどは効果が続くとのこと。

しこりの危険性
しこりとは、過剰に増殖したコラーゲンが固まったもの。クリ
ニックでFGFを注入した結果、コラーゲンが増え過ぎて、しこ
りになってしまう、というリスクはある程度覚悟しなければな
らないでしょう。施工する際には、くれぐれも経験豊富な、腕
の良い医師を選ぶようにしましょう。とは言えこれらのリスク
は今後の医学や技術の改善により、回避できるようになるかも
しれません。

美肌作用があるのはFGF-1
FGFは全部で23種類あり、その中で美肌作用があるのはFGF-1(aFGF)
だと言われています。またFGF-7は「毛母細胞」の中にあり、
毛髪の成長に関係しているとのこと。FGF-7により頭皮を引き
締めることで顔のシワやたるみの改善や、薄毛改善が期待で
きるとか。薄毛にお悩みの方にも朗報ですね。

EGFとFGFの違いって?
EGFと略されるEpidermal Growth Factor(上皮成長因子)も、
FGF同様、話題となっています。両者の違いはどこにあるので
しょうか?
FGFが、コラーゲンをつくる肌深部の線維芽細胞に働きかける
のに対し、EGF は53個のアミノ酸から形成されるタンパク質
で、肌の表面で肌細胞を再生させ、ターンオーバー(新陳代謝)
を促します。名前は似ていますが、それぞれ違った役割を担っ
ていることがわかります。
どちらももともと人の身体で作られる成分ですが、加齢によっ
て減少してしまいます。20後半にもなると、成長因子は急速に
減少し、肌の再生力は弱まります。

fgfはニキビ跡に効く?
コラーゲンを生成してくれる働きのあるfgfは、肌の修復機能
が失われてしまった、凹凸状のクレーターニキビ跡の治療に
効果的と言われています。とはいえfgfをダイレクトに注入す
るのは、しこり等のリスクが怖いところ。リスクを追うのは
怖いけど、効果を試してみたい、という方にはfgfが配合さ
れた化粧品がおすすめ。肌の内部に注入するわけではないので、
どの程度の効果があるかが気になるところですが、口コミで
はかなり評判が良いようです。しこりが発生するといったリス
ク回避しながら、効果を享受できるのはありがたいですね。

二キ助の考察まとめ
FGFについてご紹介しました。このような画期的な成分が発見
されるとは、数十年前までは考えられませんでした。これから
のエイジングケアを担う存在となるのではないでしょうか。
なかなか治らず、あきらめていたニキビ跡が治る日が来るのも、
夢ではないかもしれません。最先端の化粧品で、そろそろ攻め
のニキビ跡ケア、始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする