ニキビ跡にはEGFが効果あるか考察

二キ助です!今日はEGFについて
僕なりに考察していきます。

ネットを見ているとニキビ跡には
EGFが必要なの?という質問が
結構ありますね~

まずEGFの説明から考察します。

EGFとは、上皮細胞を再生させる
上皮成長因子:Epidermal Growth Factorの略。

1962年に、スタンレー・コーエン博士により
アメリカで発見されました。本来生物に備わっている
53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の1つ

細胞の成長促進や機能を整える役割があります。
肌の再生、皮膚移植や角膜切開による
傷の回復促進などを目的とし、

医療で幅広く使用され、昔は1gあたり
8000万円ほどの高価な成分でした

皮膚の神経細胞の再生を助ける
118個のアミノ酸からなるタンパク質「NGF」
=神経成長因子:Nerve Growth Factoも発見

1986年にEGFとNGFの発見の功績により、
ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。
こんな感じです。

では、スキンケア成分としての
EGFはどういう流れで認められた?

その後研究の末、体内で作られる成分と
同一のものが生産可能となり、スキンケアでの
利用が可能にとなりました。

もともと非常に高額の成分であったEGFですが、
多くの研究者たちの功績によってEGFの抽出技術と
生産技術が進み、低価格化が実現します。

日本では2005年に化粧品成分としての使用が認可され、
美容成分として利用できるようになりました。

EGFの美容成分の効果については、50歳以上の年齢でも
新生細胞の成長が改善したとの臨床実験結果が出てます。

具体的な効果はどうなのか?

上皮細胞を再生してくれるEGFは、
皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂・集合を
何度も繰り返しながら、

新しい細胞の生産を急速に促進させる作用があります。
ターンオーバーを正常化し、肌細胞の再生能力を
しっかりと引き上げる働きがあります。

人間本来が備えているEGFは、赤ちゃんの頃をピークに
20代から減少していきます。

なので、EGFを外側から肌へ補給してあげることによって、
皮膚細胞の新生を促すことができます。

アメリカで行われた臨床試験では60日間使用した際、
EGFが新生細胞の成長を平均284%も促進する事が
実際に確認されています。

またEGFは細胞内で飽和状態となると、
それ以上取り込まれることがないため、
安全な成分と言えます。

ニキビ跡クレーターへの効果は?

なかなか完治の難しいとされている
クレータータイプのニキビ跡ですが、

EGFを浸透させ、肌を内側からふっくらさせる事で、
凹凸目立たなくさせることができます。

ターンオーバーの正常化を促す成分として、
抜群の効果を発揮してくれるEGFが、

成分として配合されているか、いないかで、
ニキビ跡ケアの結果は大きく変わります!

ターンオーバーは正常に行われている場合、
20代で約28日、30代で約40日、
40代で約55日、50代で約75日を要します。

一般的に言われているターンオーバーを28日周期で考えた場合、
最下層で生まれた細胞が約14日かけて成長し、角質層」に達すると
その後、約14日かけて「垢」として剥がれていきます。

この周期を正常に保つようにすることが、
ニキビ跡のケアには必要です!

EGF配合の化粧品を使いながら、
僕がオススメする高濃度ビタミンCの併用

また食事療法や水素サプリを服用しながら
地道にニキビをケアを繰り返すことですね!

二キ助の考察まとめ

昔は8000万もしたEGFの成分が
今では手頃な価格で身近な化粧品に使われている
いや~本当に驚きですね。高

いアンチエイジング効果も期待できる成分なので、
30代でニキビ跡にお悩みの方でしたら、
特に検討の余地があっても良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする