ニキビ跡はBBクリームで治せるのかを考察

ニキ助です!いつもお世話になっています。
ネットの質問を見ていると・・

ニキビ跡はBBクリームで治せるものなの?
無理な気がするけどみたいな内容があります

ぶっちゃけ、その通りです!
その通りなのですが考察していきます。

BBクリームと言えば、韓国から輸入された
韓国コスメ、というイメージが強いですが、

実は、元々はドイツの皮膚科医
Christine Schrammekにより作られたもので、

BBクリームのBBには「Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)
=傷を修復する軟膏」という意味があります。

これを元に、1980年代に韓国の化粧品会社が
改良したものがBBクリームです。

BBクリームは、一般的にメイクの下地として
使えるクリームのことを指します。

日焼け止め、化粧下地、フェンデとしての
役割を一つで補えるオールインワンの化粧品と言えます。

BBクリームには、ニキビ跡の治療効果があるのか?

一概には言えませんが、ニキビ跡の治療に
劇的な効果が期待できるようなBBクリームは、
ほとんどないと言っていいでしょう。

もちろん、カバー力が優れているBBクリームを用いれば、
ニキビ跡を隠すことは可能です。

ですので、カバー効果としては、
優れたアイテムではあります。

しかし、これは一時的にダメージを
隠しているだけであり、治療ではありません。

ニキビ跡の悪化に注意!

ニキビ跡を治すためにBBクリームを塗り続けていたら、
ニキビ跡が色素沈着してしまった・・

そんな話を聞いたことはありませんか?

BBクリームは、まだ進行中のニキビ跡を
さらに悪化させてしまう危険性を含んでいます。
また、新たなニキビを発生させてしまうことも。

これは毛穴にBBクリームが詰まることによって、
引き起こされます。肌に優しいBBクリームとはいえ、

肌に負担がないわけではないということを、
覚えておきましょう。

BBクリームの成分を確認する

どんなBBクリームが、自分の肌に合っているか、
使用する際には十分、その成分を確認しましょう。
例えば次の成分には要注意です。

界面活性剤・・物質と物質をくっつける作用があり、
洗剤や化粧品など、様々なものに使われています。

界面活性剤には、天然由来成分と合成された
人工のものがあり、合成界面活性剤は石油などを
原料に作られているため、

ニキビ肌に使うにはあまりおすすめできません。

パラベン・・正式名称「パラオキシ安息香酸エステル」。
化粧品や食品、医薬品などに使用されている防腐剤で、

毒性が比較的低く、皮膚刺激や過敏症なども
少ないとされていますが、

アレルギーなどが出る可能性のある物として
指定されています。

最近ではパラベンフリーの化粧品も多くでています。
本来ならば、入ってないほうが、皮膚には良いのですが、

防腐剤が入っていない化粧品は、
雑菌が繁殖しやすい為、

どちらが良いというのは難しいところです。

パラベンフリーのものを選ぶ際には、
使用期限等をよく確認し、守るようにしましょう。

紫外線吸収剤・・日焼け止めには
2つの種類があることをご存知ですか?

一つは紫外線吸収剤を使っているもの、
もう一つは、紫外線散乱剤を使っているものです。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、
エネルギーに変化させて放出させています。

一方、紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返すもので、
天然の成分のものが多いのが特徴です。

紫外線吸収剤は、高い日焼け止め効果があり、
汗で流れにくいというのがメリットです。

しかし、皮膚への負担が高いことがデメリットと言え、
ニキビ跡には当然、良いとは言えません。

例えば近所への買い物等、日常使いには
紫外線散乱剤が使われているもの、

海などの強い紫外線を浴びる場合には、
紫外線吸収剤使用のものなど使いわけても良いかもしれません。

ニキ助の考察まとめ

肌に優しいとされているBBクリームですが、
ある程度肌に負担がかかることは考慮しておくべきです。

BBを使った後の洗顔・保湿ケア
ビタミンC美容液の利用などなど
重要なのはこっちの方ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする